HOME > ピラミッドメソッド幼児教育法 > 保育が変わると、子どもも保育者も変わる!

ピラミッドメソッドを導入された保育園・幼稚園さんからのお声で多いのは、子どもだけではなく、保育者にも変化があることです。少しだけ、ピラミッドメソッドを導入された園の声をご紹介。
書籍『世界で一番幸せな子どもたち』にも導入園の変化が掲載されていますので、参考にしてください。

こどもの変化:

・安定して、しっかりと遊びを満喫している。遊びにも広がりがある。
・子どもたちの言語表現が具体的になった
・自分で解決しようとする力がついた
・自主性が育ち、一人ひとりが自信をもって活動している

保育者の変化:

・子ども一人ひとりの顔がよく見え出したことで、配慮が必要な子に寄り添いやすくなった。
・プロジェクトの準備により、新に気づくことや使う言葉が増えた。
・子どもとのやりとりが増え、手ごたえややりがいを感じて保育の楽しさを実感。
・保育者同士の意見・情報交換が活発に。

ある園長先生は、「子どもとの関わり方や探究心など、今まで埋もれていた保育士たちの力が見えてきた。保育に核ができたことは、保育士にも子どもにも同じように核となり、全体的に安定した」と話してくださいました。