HOME > ピラミッドメソッド幼児教育法 > 一人ひとりを大切に、成長を支援できる教育法

人生の課題を自ら処理できる子どもをめざして

新しい保育・教育のあり方が模索され始めて久しい今日、子ども達に安定した心の保障をあたえ、自ら考える力を獲得するための意欲を育む教育が今の日本に求められています。
ピラミッドメソッドでは、子どもに寄り添い、安心感が満たされてこそ学ぶ意欲が育つことを最も大切にし、子どもの生活体験に根ざした「遊び」を中心にして学ぶ新しいスタイルが取り入れられています。ピアジェやヴィゴツキーなど新旧の様々な教育理論をベースに整理された幼児教育であり、子どもの遊ぶ(学ぶ)意欲を引き出すための保育環境づくりや保育内容が特徴的で、テーマ性をもつ「プロジェクト」という保育活動を提唱しています。


●オランダは世界一子どもが幸福な国

2007年2月、ユニセフは、OECD(経済協力開発機構)加盟の25ヶ国を対象とした子どもの幸福度調査の報告書を発表しています。その結果によると、オランダが総合1位に選ばれています。この調査、『幸福度調査』と呼ばれていますが、英語では『An overview of child well-being in rich countries』と表記されています。
“Well-being”とは、健康と安全、家族や社会から大切にされているという質的な満足感や、自分の存在が評価されていると感じることなど、簡単に訳せない多くの意味を含んでいます。物質や制度など目に見えるものを手に入れたら満たされるものではなく、そのもっと深くにある『居心地の良さ』だと思います。
ピラミッドメソッドは、1994年にCito(オランダ政府教育評価機構・1999年に民営化)によって開発された幼児教育法であり、『自分で選択して決断できる力を養うこと』に重点を置いています。『あなた自身とその意思』が認められていること、決断をあたたかく見守ってもらえるオランダならではの教育法です。