ごっこ遊び


10/20・21(土・日)、実践セミナー「遊び」。
この土日は、今年一番の良いお天気となったらしく、雲ひとつない青空でした。
建物の中にいるのがもったいないくらいのいいお天気で、まさにお出かけ日和。こんな日は、外に出るだけで楽しいことが待っていそうでワクワクしますよね。

そんなお休みの日に研修に来てくださった皆様、部屋の中でもワクワク盛り上がっています♪
写真の皆さんは、仮装パーティーでお茶をしているそうですよ。

今回のテーマは遊び。
「子どもは遊びの天才」。確かにその通りだと思いますが、その言葉の意味やもろさ、ピラミッドメソッドにおける「遊び」の深さを感じた2日間でした。
詳しいことは、また後日。

セミナーにお越しいただいた皆様、ありがとうございました。

それにしても、即興のごっこ遊びは本当におもしろいですねぇ。
保育はエンターテイナーなお仕事ですね。


実践セミナー「遊び」

10月に初めての試み!実践セミナー「遊び」開催!
10月20・21日(土・日)
1日目→14:00~17:30、2日目→10:00~17:00
受講料:15,000円(特別料金:10,000円 ※条件あり)
会場:大阪府立ドーンセンター
詳しくは、HPよりどうぞ。

「プロジェクト・ワークショップ」改め、「実践セミナー」を、今月より「遊び」・「家」・「受け入れ」のテーマで続々と開催します。(いずれも参加者募集中です。)

特に10月の「遊び」は、「プロジェクトブック」ではなく、「プレイブック」を紐解こうというもの。"子どもは遊びを通して多くを学ぶ"ということに異を唱える方はおられないと思います。でも、常に子どもは"遊び上手"であり、深みのある遊びをするとは限りません。 保育者が子どもの遊びに積極的に加わり、よいお手本を見せ、豊かな遊び方を教えてあげて子どもを刺激し支援することがとても大切です。

「プレイブック」には子どもの遊びへの教育的な支援が述べられています。その遊びは、主にごっこ遊びや劇遊びが中心となっています。この遊びの中の世界では、実際よりも高いレベルで活動するとことができるからです。

この奥深いブックを皆様と一緒に、“楽しく探索”したいと思います。
どうぞ実践セミナーにご参加ください!


・・・・私も、姪っ子と遊んでいると度々こんなことに遭遇します。
同じ遊び方を繰り返していたり、私が持って行ったおもちゃに興味を示さなかったりしたとき、さて、どんな声掛けをしようかな~と思う事があります。その子の遊びを認めつつ、より遊びが豊かになるようには何て声を掛けようか~、どんなふうにお手本を見せようか~。
ピラミッドメソッドやおもちゃコーディネーター®の講義を後ろで聞いているときは、私自身も分かったような、出来るような気になっていても、実際はやっぱり難しいです。

「違うよ、そうじゃなくて」という否定語はなるべく使いたくないし、「何で遊ばないの?せっかく持ってきたのに~」と子どもに気を遣わせるような発言も避けたい・・・。

「さて、どうしたものかな?」と、考えながらも私が黙々と一人でおもちゃで遊びはじめると、さっきまで「興味ないもーん」と言わんばかりの態度だった姪っ子が「私もやりたーい」と傍に来て、一緒に遊びが始まりました。
無理に声をかけなくてもいい事もあるんだなぁ。
もちろん、子どもの興味を引き出し、遊びを豊かにする有効な方法は他にもたくさんあるはず。


今、講師が初めてのの試みである「遊び」のセミナー内容をより楽しくなるよう打ち合わせ中です!!
皆様のご参加、お待ちしております。


プロジェクトブックの付録、ご存知ですか?

台風が過ぎてから風が涼しくて、秋晴れが気持ちいいですね。

研究所では最近は毎日のようにプロジェクトブックを発送しています。私たちの研究所はとある会社の2階にあります。でも、発送準備をするのは1階。
伝票や送り状やお手紙をまとめて準備をして、ブックをかついで、さぁ1階へ。
さて、発送♪梱包しようかな、と思っても、「あ゛ぁっ!封筒もって下りてくるの忘れた・・・」と2階へ駆け上がり、また下りてくる。準備がうまくいかないと、筋トレのように階段の上り下りをして出荷していますが、今の季節は暑くもなく寒くもなく、清々しく出荷しております。

さて、そんなプロジェクトブックですが、2006年より発行しています。このシリーズは水・空間・色と形・家・秋など、さまざまな子どもを取り巻くものがテーマとなっています。(9/28に新刊『プロジェクトブック・秋』発行!)まだまだ未翻訳のブックがあり、2010年より新刊を続々と発行していますが、この新刊シリーズには、特典付録をお付けしています。



ご覧いただいたことはありますか?中身はこんな感じでおもちゃがズラリ。


(←左)バケツやスコップで園庭の「秋」を集めよう!「秋」の押し花を作ろう!
(↑上)「秋の音」を表現してみよう!素材の力をかりて、「秋」を作ってみよう!
などなど。

それと、絵本がズラリのコチラも。

ブックの中の遊びで使われている「おもちゃ」と「絵本」のリストを付録で付けています。


対応するおもちゃやテーマに関連するおもちゃ・保育素材をご提案しています。
絵本も同様。あまり日本で入手できるものがそのまま使われていることは少ないのですが、今回の「秋」のブックでは、まさにどんぴしゃ!な絵本がありました。
いわむらかずおさんの「まっかなせーたー」です。


年中さんの【方向付け】で登場します。
秋の雰囲気を楽しむため、特に秋に起こる変化の不思議さを伝え、「これからプロジェクト秋を始めるよ」という導入のタイミングで用いられています。子リスさんたちが外の世界でどんどん秋を発見していく様子を子どもたちも実際に体験したり、子どもたちの興味を引き出す素材として選ばれています。





保育にはさまざまな準備が必要です。
その準備の手間を少しでも省き、なおかつより良いものを皆様にお知らせしたく、この特典付録をお付けしています。
おもちゃ選びは研究院の森川が、絵本選びは主任研究員の宍戸が、それぞれブックに登場するもの以外にも2人がこれは使えそうだぞ!面白そうだぞ!と思ったものも掲載しています。
お持ちのプロジェクトブックの巻末を是非、ご覧ください。

付録付きのテーマは、
・入園・進級の受け入れ方(絵本リストのみ)
・秋
・家
・色と形
・大きさ
・空間
・衣服
・数える
以上の8テーマ。

テーマによっては、薄いリストもあれば数ページに渡るリストもあります。
特に力作なのは、「色と形」と「大きさ」です!!ぜひぜひ、ご活用ください。


プロジェクトブックについて詳しく知りたい方はコチラ、
またはコチラをご覧ください。
ピラミッドメソッドについて詳しく知りたい方はコチラのページをどうぞ。
ピラミッドメソッドの講座も参加者募集中ですよ。


プロジェクトブック「秋」

9月の末にもおもちゃコーディネーター養成講座、大阪で開催いたします!
9月29・30日(土・日)
1日目→10:30~18:00、2日目→10:00~17:00
受講料:25,000円
会場:大阪府立ドーンセンター

年内最後のおもちゃコーディネーター養成講座です!
お申し込みはまだまだ受付ております。コチラからどうぞ。



こちらも大事なお知らせです!
本日、ついにプロジェクトブック「秋」を印刷会社へ出稿いたしました。


『雨と風(年少)』\7,350         『葉っぱと実(年中)』\7,875         『秋の天気(年長)』\7,875 (税込)

まだまだ残暑が厳しいと感じていましたが、朝夕はすっかり涼しくなり、今日の総研は、午前中は窓を開けてノンクーラーで過ごしていました。カラッと晴れた秋晴れは気持ちいいですね。

先日お送りした『play-dev通信』をご覧いただいた皆様より、続々とご予約注文をいただいております!9/28に総研へ納品される予定です!次回のプロジェクトに、すぐにご活用いただけるヒントが満載です。
どうぞご注文をお寄せください。コチラよりどうぞ。


少しだけ内容をご紹介。
この「秋プロジェクト」が中心にしている発達領域は、ピラミッドでいう8つの発達領域のなかの「空間・時間の理解と世界の探索」ですが、その中でも“時間の理解”に主眼が置かれていると知ったとき、意外に思いました。でも読み進むに連れて“なるほど、さすがピラミッド”と思ったのも事実。と申しますのも…

1年のうち3カ月続くこの「秋」という時期には、‘多くの変化’が起こります。
葉っぱの色が変わる・木から落ちる、実が熟して食べられる・あるいは腐っていく、天気がめまぐるしく変わる(短期間の変化)・気温が下がり、日照時間が短くなる(長期間の変化)、などなど。


これらの変化はばらばらの事象ではなく関連している、言い換えれば、時間の経過によって目に見える姿を変えているだけ、と捉えられるかどうかは、“時間の理解”があってこそ。これは幼児にとってかなり把握しにくいことであるとカルク博士は書いています。

だからこそ、秋の深まりとともに変化していく「秋の木」をクラスルームにつくったり、外に出て(もしくは窓から見て)雨や風そして太陽を実際に感じて(その中で)遊んだり、雨量・風力を計測して記録し、比較したり…というように“具体的に学ぶ”ことが有効になるのです。子どもたちは五感で体験し・発見し・繰り返し試して、世界の変化の理解すなわち“時間の理解”を深めていきます。

自然の恵み、その美しさ・不思議さ・おいしさを、みんなで思いきり楽しめるような「秋」プロジェクトになることを願って、このブックをお届けいたします。


ご注文・お問い合わせは、info@play-dev.jpよりお寄せください。お待ちしております。


プロジェクトWS・衣服

さて、ためにためていた講座レポート、今回でお披露目していなかったものは最後になります。

昨年の12月に開催したプロジェクト・WS「衣服」の様子です。



その前にひとつ、またまたおさらい。
ワークショップ(以下、WS)、と、講座、の違い。


ワークショップとは。

一方通行的な知や技術の伝達でなく、参加者が自ら参加・体験し、グループの相互作用の中で何かを学びあったり創り出したりする、双方向的な学びと創造のスタイル。

「はてなキーワード」より


ということで、このWSは、皆さんにピラミッドメソッドの中でも代表的な学びの方法「プロジェクト」を実際に体験していただく内容となっています。



2011年12月23・24日(祝金・土)
プロジェクトWS
テーマは「衣服」です。
年末だからでしょうか?クリスマスだからでしょうか?参加者は12名でした・・・


このWSにご参加いただいた先生からは、
「プロジェクトは園で導入しているけれど、どんなところにねらいを定めるのか意識できていなかったように思う。保育の見直しになった。」

というお声をいただきました。


今回ご参加くださった鹿児島県から来られている保育園の先生は、ピラミッドメソッドを導入されてもう4~5年になります。



まず最初に園長先生が受講されて、「よし!導入しよう!」と動き出されましたが、いざ実践するのは保育士さん。

だから、そのためにも保育士自身にも講座を受講させようと、遠く鹿児島から先生を数名、講座に参加させてくださって、そこから本格的に導入が始まりました。




導入後も、乳児から幼児に担当が変わる先生や、幼児担当の中心の先生が、ピラミッドの講座やこのWSを定期的に受講してくださっています。園内研修は難しくても、講座をうまく使ってくださって、本当にありがたいことです。




このWSでは、「まずはやってみよう!」という気持ちを大事に、講義を聞いて分かることもたくさんありますが、経験をとおして、感じていただけるようにと毎回違う手法で進めています。


次回は
2012年5月12・13日(土・日)
プロジェクトWS・「水」

2012年8月4・5日(土・日)
プロジェクトWS・「色と形」


お申込みはコチラからどうそ。

プロジェクト導入後の保育の見直しのために、
まだ導入していないけど「まずはやってみよう!」をお思いの方、

ぜひご参加ください。
お待ちしております



プロフィール

子どもと育ち総合研究所

そーけんSTAFF

辻井こども総合研究所は、2011年6月1日より、 「子どもと育ち総合研究所」に名称が変更になりました。 主に保育者養成の講座を開催しています。 日々のお知らせや、講座の様子をお知らせしていきます。 どうぞよろしくお願いします♪

エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグ