春のおもコー 2つの都で


積木ワークショップでのこと。
積木とミニカーや人形などで黙々と遊ぶ我が子の姿を見て
驚かれる親御さんがいらっしゃいます。
「こんな素朴なおもちゃで1時間近くも真剣に遊ぶなんて!」

そうです。
機械仕掛けでなくても、
ディスプレイが付いてなくても、
キャラクターの絵が付いてなくても、
子どもは長い時間ちゃんと遊んでくれます。

そのときの子どもの表情!
集中した、真剣な、意欲的な顔! 
これが乳幼児期の「主体的な深い学び」の姿だと思います。

そして、子どもがこのように楽しく取り組めるのは、
-すてきなおもちゃを準備したこと
-楽しい遊びへの誘いかけ
-黙々と取り組んでいるときの温かい見守り
-あそびがうまくいった/完成したときの喜びへの共感
などなど、子どもとの相互的な多くのかかわりがあるからです。
これが乳幼児期の「対話」の様子ではないでしょうか。

すてきな楽しいおもちゃ、
それで遊ぶときの感動、
それを使いこなすためのスキル、
遊びを子どもと楽しむのに役立つ表現力。

これらをお届けしているのが「おもちゃコーディネーター®養成講座」です。
3月19、20日は北陸の古都・金沢で(正確にはお隣の白山市です)、
4月22、23日は花の都・東京で開催します。
金沢の残席はわずかとなってきました。
どうぞ皆様、楽しい遊びだからこそ実現できる
乳幼児の「主体的・対話的で深い学び」の世界に
お越しください!

お申し込み・詳細はコチラの、「案内書ダウンロード」「FAX用申込書ダウンロード」「お申し込みフォームへ」をどうぞ!



朗報! おもコー、ピラミッドメソッド再受講割引開始!

ピラミッドメソッド基礎講座が始まって12年、おもちゃコーディネーター養成講座が始まって11年。それぞれ多くの方に受講いただいてきましたが、ここ数年、「もう一度受講したい」というお申し込みをいただくようになりました。「学んだことを忘れてしまっているので、再度学び直したい」「経験を積んだ今だからこそ、もう一度基礎を学びたい」「日々の実践の中で、大切なポイントを見失ってしまっている気がする」などなど、いろいろなお気持ちを聞かせていただいております。このようなご意向は、開催する私どもとしてもたいへんうれしいことです。そこで、再受講していただきやすくするために、割引特典を設けることにいたしました。
対象となる講座は、「おもちゃコーディネーター養成講座」と「ピラミッドメソッド幼児教育法基礎理論講座」の2つです。それぞれ、2度目以降の受講時は受講料を2割引といたします。この特典をご希望の方は、講座お申し込みのときに、お名前や連絡先など必要事項のほかに、次のことをお伝えください。

◆おもちゃコーディネーター養成講座お申し込みのとき
おもちゃコーディネーター登録番号(認定証の、お名前の右上に書かれています)
または、受講した年月
◆ピラミッドメソッド幼児教育法基礎理論講座お申し込みのとき
ティーチャー資格番号(Certificateに書かれている、“Te○○○”)
または、受講した年月

おもコー、ピラミッド、それぞれの資格をお持ちの方は、この特典をご利用いただき、ぜひまたご参加いただけますようお誘い申し上げます。講座にて再びお会いできますことを楽しみにしています。

追記:すでに再受講をされた方へ。
この特典の整備が遅れまして、申し訳ありません。なにとぞご容赦ください。次の再々受講の時には特典適用できますので、お待ちしております。



おもコーと保育のデザイン

おもちゃコーディネーター養成講座で用意するおもちゃは、段ボール箱(けっこう大きめです)で10箱分ほど持って行きます。
それをずらーっと会場に並べると、何度見ても楽しくうれしくなります。

いろいろなおもちゃで遊んでいただきたい
いろいろなおもちゃを体験していただきたい
子どもが遊びの中で感じていることを、私たちも感じてみたい

家庭や保育の場には0才の子もいれば6才の子もいます。
体を動かすのが好きな子もいればじっくりとパズルに取り組むのが好きな子もいます。
いろいろなものを集めるのが好きだった子が、色分けあそびに夢中になってきた。

子どもの興味関心に対応できるよう、おもちゃのこと、おもちゃあそびのことをお伝えしたいと思っています。

この「おもちゃコーディネーター養成講座」は、1月28・29日が大阪、3月19・20日が石川県白山市、4月22・23日が東京で行います。

そして、このようなおもちゃあそびを含めて、子どもが主体的にあそびや活動に取り組む保育を行うために、どのような保育室を作るか、どのような年間計画を作るか、を取り上げるのが、2月11・12日のテーマ別講座「保育を“デザインする”力」です。
環境の整った保育室、つながりのある保育計画・保育内容。
ピラミッドメソッドで言うところの「保育空間のデザイン」と「保育時間のデザイン」です。
それらが充実すると先にご紹介したようなおもちゃ遊びもより楽しいものとなります。「楽しい遊び」は「楽しい学び」「豊かな育ち」へとつながります。

4月からの新年度を前に、保育の「空間と時間」をデザインしませんか?この取り組みは毎年繰り返されるものです。だからこそ「大切なポイント」を整理して、今の取り組みを見つめてみて、更なる「良い取り組み」に向けて積み上げていきましょう。

詳しくは、コチラからどうぞ。



金沢おもコー、会場決定しました

3月19、20日の金沢おもコーの会場が決まりました。
お隣の白山市にある「白山商工会議所」です。
JR松任駅の南西側、徒歩5分という利便性のいい場所です。
駐車場もあります(会場利用の状況などにより、混み合う事があります)。

石川県では初めての開催です。
おもちゃあそびについて広く学んでいただける講座です。

子育て中の方、
保育幼児教育のお仕事をされている方、
おもちゃに興味のある方、、、。

どしどしご参加ください。
お待ちしています。

白山商工会議所
〒924-0871 石川県白山市西新町159-2
http://www.hakusancci.or.jp/


その後のブログ

10月3日に引越しが終了し、奈良の地で活動を再開しました。
そのときから私がHPの運営を引き継いだのですが、
ブログ記事を書き込む場所を間違っていたことがつい先日発覚!
本当はココに書かなければならないのに、HPのトップページ内「更新情報」にせっせと書き込んでおりました。よって、このブログは引越しのお知らせのまま時間が止まってました。
この間の記事はhttp://www.play-dev.jp/をご覧くださいませ。